2020-04-18

テレワークが便利だと分かったその後は・・・?

テレワーク

新型コロナ感染症の影響でテレワークをする企業が増えてきました。今朝もNHKの番組で8割の従業員をテレワーク勤務にしたとありました。

まぁ、うちは元からテレワークでしたので当たり前でしたが、新型コロナ感染症の影響が一段落した後のテレワークの影響がどうでるかが興味深いです。

要は
1.都心の家賃の高い広いオフィスって必要だったのか?
2.従業員が一斉に集まって、同じフロアで仕事をしなきゃいけなかった?
ということです。

もしかしたら、このまま継続してテレワーク勤務にして、もっと家賃の低いオフィスに移転すれば、毎月の家賃の負担が大幅に減り、かなりの経費削減になるのでは?ということです。

また、印鑑決裁中心の企業が、テレワークにより電子決裁に移行すれば、わざわざ印鑑を貰いにオフィスに出向く必要もなく、自宅に居ながら決裁を貰えるのです。

日本はまだまだ印鑑中心の決裁ですが、実は電子決裁は随分前からあります。役所だって電子決裁をしているところは沢山あります。

ただ、セキュリティの問題から社内イントラでしか使えない電子決裁の為、テレワークには使えない所が多いのが現状ですが、もしテレワークでも電子決裁を可能にしたら、今回テレワークを実施した企業は、きっとそのまま継続してテレワークが出来るような気がします。

そうすると、家賃は減らせるし、従業員の満員電車のストレスは減るし、もしかしたらパワハラやセクハラも減るんじゃないかと思います。

それと、一つだけ心配なのは、従業員を身内のように大切にする会社では、従業員がテレワークをすることにより、身内意識が減り、従業員の会社に尽くすという日本型の考えが無くなるかもしれませんね。

でも、テレワーク自体は、一人一人の責任感も増し、おススメですよ。

もし、テレワークができる職務内容なら、ぜひこの機会にテレワークに移行してみてください。短所が多かったら戻せばいいだけですから。

ワードプレスのセキュリティ、バックアップに不安を感じたら今すぐメールフォームからご依頼下さい。

ワードプレスのセキュリティ、バックアップに不安を感じたら今すぐメールフォームからご依頼下さい。


こちらのブログもご覧ください


前のブログ:

次のブログ: